間伐材とは

日本の森林について

日本の森林面積、約2,500万ヘクタールのうち、約4割に当たる約1,000万ヘクタールは人が手を入れて育てた 人工林です。 その代表的な樹種であるスギやヒノキをはじめとする針葉樹は建築資材等を中心に活用されてきました。
人工林は植樹後、下刈り、枝打ち、除伐、そして「間伐」を実施することで、健全な樹木が育つ環境となります。 また、地面に日光が差し込み、植物や昆虫などが集まり、生物の多様性が向上するとともに、 地中の根が強く張り巡らされ土砂災害などにも強い森林となります。

ところが、国産材の需要減、林業の採算性悪化や山村の過疎化などにより、適切な森林管理は進まず、 日本の森林は荒廃が進んでいるのが実情です。森林の荒廃は山村地域だけの問題ではありません。森林は二酸化炭素を吸収し土砂災害などを防ぐとともに、豊かな水資源を育むなど、 私たちの生活にとってとても大切なものです。

日本の森林の保全を進めていく為には、「植える→保育→収穫→再び植える」という 循環のサイクルを生み出す必要があります。

間伐材の活用が森林保全につながります

人工林の整備において、「間伐」という作業はとても重要です。人工林では、太くまっすぐな樹木を育てる為、最初は細かく植林をし、 樹木の成長に合わせて伐採することで光の量を調整したり、悪い樹木を間引くことで、 良い樹木を選別したりします。これが「間伐」です。間伐を適切に実施しないと、いわゆる痩せた樹木が増え、 林内の環境も暗い鬱蒼とした森林となってしまいます。

この間伐材は、一般的に直径が細く使用用途も限られてしまい、丸太価格は高くありません。 また、急峻な森林が多い日本では、材を山から搬出する費用も高く、 伐採後森林に放置されるケースがほとんどです。(切り捨て間伐)ですが、この間伐材を有効に活用することは、国内の森林や林業を元気にする為にとても重要なことです。弊社は、この間伐材を活用した製品づくりをはじめ、資金を森林保全に還元させる仕組み、 企業と森林の新たな関係づくりなど、新しいことに様々な角度で挑戦してまいります。

お問い合わせ