WOOD+(ウッドプラス)では、間伐材を有効活用した製品の共同開発を行っております。日本の森から生まれる木を使用することで定期的な間引きになり、森林保全にもつながります。
デザインのご依頼もお受けしていますので、具体的なイメージが固まっていない場合でも、お気軽にご相談ください。

商品企画から納品までの流れ

 デザインワークフロー

重要な企画立案

まずは製作の目的をきちんと把握し、ターゲット層やセールスポイント、使用される背景などを見極めます。綿密にリサーチし、お客様との打ち合わせを重ねた上で企画立案。リサーチ結果を基にスケジュール・予算を明確にし、弊社がプロジェクトをサポートしていきます。

製品を具体化

企画立案によって製品概要やターゲットなどを明確にしたら、具体的な形にするためのデザインを起こしていきます。すぐに生産に入るのではなく、ラフモデルや仕様書などを作成します。

 

1

商談・打ち合わせ

 

お客様の展開するブランド・ショップ・商品傾向・価格帯・展開時期など、OEM展開を検討される製品の打ち合わせを行います。


 

企画・プランニング・お見積り提出

 
ご要望のデザイン・納期・お見積りなどの詳細をまとめます。

試作サンプル製作

 
企画が具体化されましたら、試作サンプルを製作いたします
(有償になります。仕様により費用は異なります)。
 

4

正式受注・量産

 
製品をご指定の場所に納品させていただきます。全国配送も承ります。
 

5

納品

 
製品をご指定の場所に納品させていただきます。全国配送も承ります。
 

共同開発によるオリジナル製品開発完了。完了後は、御社の流通ルートへ。

 

関連デザイン

・パッケージデザイン

製品特性に合わせたパッケージデザインをご提案します。
>「オリジナルパッケージ」について

・グラフィックデザイン

製品特性に合わせたリーフレットやグラフィックデザインをご提案します。

弊社で提供可能な技術・サービス

  • 木製品加工
  • ラフスケッチ/レンダリング(最終的な形を決めるためのリアリティのある画)
  • 形状を確認するための試作モデル
  • 外観仕様書作成

FRONTIER JAPANのスタッフは、生活の中のあらゆる時間で、その時に受けている仕事に対していろいろな思いを巡らせ、アイデアを膨らませています。何度も何度も修正することで進化をとげたり、時には品質向上のために製作方法を変えてみたり。日本の森を守るために、木を上手に使うことから一緒に始めましょう。

関連リンク