に投稿

SDGs/ESG時代のご当地キャラ・ゆるキャラにおすすめノベルティ

行動規制の緩和がされ、ようやくようやく観光地に人が増えてきているというニュースも流れ始めました。もちろん、まだまだ油断してはいけないとは思いますが、このままいつかの日常に戻ることを期待しています。

さて、そんななかで政府からGotoトラベルやGotoイートのような観光支援策は年明けの2月ごろからという指針が示されました。地方自治体では独自の観光施作なども行われているようですし、地方観光が再開していきそうな状況にありますね。

2月に本格的にはじまる観光支援策までにあれやこれやと準備する時間があると思いますので今からできることを準備しつつ、世界的に「リベンジ消費」と呼ばれる経済活動の再開に伴った個人消費のトレンドを抑えて観光集客、販促をしていきけるとよさそうです。

今回は、そんな観光。というよりも、観光で地方から都会へとご当地の魅力を紹介するゆるキャラにフォーカスをあててコラムを書いていきます。

目次

地方観光イベント集客向けノベルティ

行動規制の緩和もあってか通勤のターミナル駅などでたまに地方の物産品を販売や地方観光の紹介などをされている自治体を目にすることが多くなりました。

以前なら、あまり気に留めなかったのですが昨今の情勢からいつもの日常に戻りつつあるなぁ。となんともほっこりするというか懐かしい気持ちになります。

そんな地方自治体の物産展、地方のイベントなどの紹介イベント向けにご当地キャラのはいった販促アイテムを配布して興味を惹ける木製品を紹介していきます。

木にカラーで鮮やかなデザイン可能の杉しおり

カラー印刷でゆるキャラをデザインできて、QRコードなども印刷できます。また、木製のしおりは珍しいので、貰ってくれる確率も高いのも嬉しいポイントです。

カラー印刷できて香りもGoodヒノキのエアーフレッシュナー

ヒノキの自然の香りがふわっとするエアフレッシュナー。こちらもカラー印刷でキャラクターデザインを印刷できます。エアフレッシュナーは、香りで好き嫌いが大きく出るのですが、ひのきの香りは苦手という人がすくないのも嬉しいポイントです。

ここ最近はリモートで、人と人の接触を控えて。という情勢でしたので、こういったアイテムの配布をしても貰ってくれる可能性がひくかったのですが、以前に比べるともらってくれる人の割合も増えました。また、直接手にふれないように机などに置いて、各自で持っていってもらえるようにするスタイルのところ多いようです。

ご当地キャラプレゼント向け木製品

地方観光や振興のイベントでたまに伺うのが、大型ショッピングモールのイベントスペースなどで物産もありながら、ご当地の旅館やグルメをガラガラしてクジを引いてプレゼントするアレです(なんて言うんでしょうか?あのぐるぐる回すアイテム)。その参加賞におすすめのアイテムを紹介いたします。

県産木材や端材でつくれるキーホルダー

参加賞でありがちなティッシュなどではなくキーホルダーがおすすめです。フルカラーでの印刷も可能です。

地方の木材や建築会社、工務店などで出た端材からでもつくれます。ご当地の県産の木材で地産地消をすすめていけるのでSDGsや脱プラにおすすめです。

また、地方自治体としてSDGsを促進する役目からも県にある本来廃棄される木材で販促している。というのは、地元企業への見本にもなりえると思っています。

SDGs対応のバランスゲーム

こちらのアイテムも県の木材はもちろん建築会社や工務店などの端材や道路工事や公園管理などで発生する伐採木からつくることができます。

自由にいろんなデザインができます。

ものを捨てない。リセールしたり、捨てられるものに地方自治体が価値を見出せると地方活性化の一助にもなるかと思います。

お土産におすすめオリジナル商品に

最近の情勢で新幹線での車内販売も控えるということでしたが、行動規制緩和で再開されたりするのでしょうか?(車内販売のコーヒー結構買うので再開してほしいですね。)

そんな車内販売や駅でのお土産もの、神社や観光物産店におすすめのアイテムを紹介していきます。

実用性もGoodのスマホスタンドキーホルダー

キーホルダーにフックがついていてスマホを立てかけられます。オリジナルのデザインで作れるのでゆるキャラやご当地キャラの形でデザインができます。

SDGsにばっちり対応ミニ絵馬

神社などの観光物産店においておけるアイテムとして絵馬もおすすめです。

フルカラーでデザインできるのでご当地キャラやゆるキャラのカラーもしっかりと木に表現できますし、地方のVtuberなどのアイテムにもおすすめです。

まとめ

ご当地キャラ、ゆるキャラや向けの木製アイテムでした。

やはりご当地キャラやゆるキャラは、地方の振興や観光誘致、地域活性化や地方創生のために生まれているところがあると思います。

なので、地方の木や地方で発生していて本来捨てられる木材(建材の端材や工事などで発生した木材、施設管理の支障木など)を利用していけるのでSDGsやESG経営の面でもおすすめです。

ここで紹介した以外のアイテムでもオリジナルデザインで木製品を作りたい。というお問い合わせも受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。

では、ありがとうございました。

【ショールームのご案内】

フロンティアジャパンにて作成してきたノベルティアイテム、記念品はもちろん、最新商品や大型アイテムなど実績サンプルを多数展示してます。

木製品特有の年月とともに変わる風合い、味わい、木の種類による違いなどお手に触れて確かめられます。

なお、見学をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご予約いただけますと幸いです。

お問い合わせ】

TEL 0120-139-155
携帯(スマホ)の方
03-5669-0990
平日9:00〜18:00

お気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る