に投稿

オープンキャンパスで差をつける。大学向けノベルティ

大学、学校教育のオープンキャンパスにおすすめなノベルティについてです。

私が、高校のころにいった某大学のオープンキャンパス。

シャープペンをもらえて、受験までずっと使っていました。

そのシャープペンは、ただ大学のロゴと大学名が名入れされただけの何の変哲もない普通のプラスチックのシャープペンシルでした。

でも、名入れされているだけでなんか特別感があってすごく大事に使っていました。

使っていると、ロゴなんかがうすくなっていっちゃうので、普段の勉強ではあまり使わず、ここ大事!という大一番にだけ使う感じでした。

さて、そんな大学のオープンキャンパスで配布するのにおすすめなオリジナルノベルティ、記念品を紹介いたします。

目次(このコラムは3-4分で読めます)
オープンキャンパス定番ノベルティのシャープペン
競合大学に差をつけて抜きん出るためのノベルティ
競合とは一味違うと思わせるノベルティ
オープンキャンパス向けノベルティのまとめ

オープンキャンパス定番のシャープペン


これは、もう外せません。
来場した高校生に配布するだけでも十分ですが、おしゃれなデザインだと普段の勉強なんかでも使ってくれます。

木製のシンプルなオリジナルデザインに焼き入れなどで名入れがされていればオシャレです。

このデザインならまわりの受験生が「そのシャーペン、どこの?」とクチコミもおきます。

少子高齢化で年々大学のマーケティングがむずかしくなっていると耳にします。

こういったノベルティでも少しでもマーケティング、集客につなげていって受験生の希望者、志望者を積み上げていくような戦略性が大事になってきますね。

競合大学に差をつけて抜きん出るためのノベルティ

とはいえ、ですよ。

シャープペンは大学のオープンキャンパスで配布されるノベルティとして圧倒的に数が多いものです。

シャープペンシルじゃないところの方が少ないんじゃないでしょうか…

そんななかで、競合のあの大学に同じアイテムで勝負をかけるのか、「いや、一歩抜きん出る!」と思われるのであればこちらがオススメです。

スマホスタンドキーホルダー

近代受験はスマホ、タブレットがともにあります。

動画で授業を聞きながら、英語の発音を聞きながら、音楽を聞きながら、ポモドーロタイマーに利用として、と

スマホを片手に効率よく勉強している高校生たちにむけて、いつでも、どこでもスマホを立てられるこちらのノベルティアイテムが断然オススメ。

私も高校の時に、図書館、カフェ、マック、友達の家、予備校、といろんなところで勉強しました。

最近は、情勢が情勢なので、あまりそういった姿はみかけませんが、持って運べるこのスマホスタンドキーホルダーならどこでもスマホを立てられて勉強につかえます。

もちろん、勉強以外の息抜きなどにももってこいです。

オープンキャンパスのノベルティにした際に、「おお!これいいじゃん!!」と喜ばれ、普段から使ってくれる可能性が高くなります。

毎日の勉強で繰り返し使ってくれるようになるので、単純接触回数で相手に好意を抱くザイアンスの法則(接触が多い方が好意を持ちやすくなる効果)がはたらいてマーケティングにも効果的です。

戦略的なノベルティにぜひともオススメしたいノベルティです。

競合大学と一味ちがうと思わせるノベルティ

「確かに、差がつきそうなノベルティなのはわかったけど、スマホ関連だとちょっと…もうちょっと他のはないの?」という方にはこちらがオススメです。

意外性で勝負して、競合のあの大学とは一味違うとおもせるアイテムです。

A4木製ファイル

本物の木でできているオシャレな木目のデザインが映えます。

クリアファイルは人気のノベルティアイテムです。

ただですね。

クリアファイルだと中身が透けて見えていやだなって人も結構多いアイテムです。

受験ともなると個人情報などもあり、いろいろ隠したくなるものも多くなります。

この木製A4ファイルであれば、受験関連の公にしたくないこと、隠したいもの、見せたくないアレコレの問題にもケアしつつ

大事な書類をきれいに持ち運びができるので、渡してからずっと使ってくれやすいアイテムです。

こちらもザイアンスの法則がはたらきやすいですね。

もちろん、ロゴや大学名などの名入れも可能です。

また、一枚一枚で木目が少しずつ違う「個性」があります。

大学の自主尊重、個性を伸ばすといった教育理念がありましたら、こちらのノベルティでそういったメッセージを発信しつつノベルティとして使っていただけるような運用はいかがでしょうか?

オープンキャンパス向けノベルティのまとめ

小子高齢化も叫ばれて久しく、私立大学では定員割れも大きな問題で大変だと聞きます。

オープンキャンパスはそんな定員を確保しつつ、受験生に大学の権威性、ブランドを表現して、安心して受験、入学を検討してもらう場でもあります。

私も、大学受験の際にオープンキャンパスの雰囲気が良かったのと在校生からの話がよかったので第一志望を変えた経験があります。

ノベルティというと、ささいなものではあります。

ノベルティの一つくらいでそんな集客やマーケティングの成否に関わるわけないだろう?と思わず「細部に神が宿る。」という言葉を大事にしていただいて、細部までしっかりとつくりこんでこそ、伝えたい相手に伝わるものがあると思います。

特に、昨今の人をあつめにくい情勢では、小さな差のつみかさねが大きな差につながります。

大学広報、大学事務のみなさまぜひオープンキャンパスのノベルティに木製ノベルティで他の競合大学に差をつける一歩を踏み出してみませんか?

お問い合わせはこちらから!

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

お問い合わせ

TEL 0120-139-155
携帯(スマホ)の方
03-5669-0990
平日9:00〜18:00

メールでのお問い合わせ


一覧へ戻る