に投稿

スキー・スノボ|ウィンタースポーツ向け観光レジャーのおしゃれな木製ノベルティでSDGsや脱プラ対応を

テレビのニュースでも取り上げられるようになりました。「行動規制の緩和」もちろん、完全に何にも対策しなくても大丈夫というわけではないのですが、観光の再開などに期待が集まっています。

とはいえ、タイミング的には、これからやってくる秋の観光にぎりぎり間に合うか、どうか。というところですね。なので、今回のコラムでは一つ飛ばしでウィンタースポーツとして、スキー、スノーボードをとりあげていきます。

目次

メンテナンスアイテムで集客ノベルティに

さて、ウィンタースポーツといえば、やはりスキー、スノーボードです。ウェアを着込んで身体をうごかすと冬でも相当汗をかきます。ウェアやブーツはしっかり乾燥させないと、汗が染みこんですぐに傷んだり、いやな臭いがついてしまったりします。

最近は、宿やスキー場の施設で乾燥させたりメンテナンスできるところもありますが、人気なのですぐにできなかったりします。そんなメンテナンスのお手伝いツールとして、ヒノキアイテムがおすすめです。

シューフレッシュフック

アロマスティック

アロマフックスリム

お宿に何日前に予約でプレゼント。などでメンテナンスアイテムでの集客をかけます。

お気に入りのブーツやウェアにヒノキの自然の香りと多孔質の特性で消臭、吸湿してくれてメンテナンスのお手伝いをしてくれます。

香りも自然の木の香りなので、苦手という人が少ないのがこのアイテムの魅力です。

スキー場のレストランの木製食器などのおすすめ

さて、次はスキー場といえばスキー場ランチです。私が小さい頃はそれこそスキー場でお昼ご飯といえば、ラーメン、カレーが定番でした。

ですが、最近はステーキ丼、ミラノ風サンドイッチなどおしゃれな食べ物がずらっと並ぶところが多いです。

そんなレストランでもやはり回転率をあげなくてはならい観点からか、セルフサービスで使い捨てのプラスチック製食器に、プラスチック製品のスプーン、フォークなどで食べ終わったら各自で分別して戻す。もしくは捨てる。というところが多いように思います。

一方で、ここ数年は環境配慮をしないといけないような脱プラの時代でもあります。

来年の春には、プラスチック資源循環促進法という法律が施行されるようになり、プラスチック製品への規制はこれから一層厳しくなっていくことが予想されます。

そんなレストランの食器をいっそ木製食器に変えてしまって、一足飛びにSDGsやESG経営に寄与させてしまおう。というおすすめアイテムです。

テーブルフォーク(スプーン)

杉コースター

料理が映えるお膳トレイ

SNS映えばっちりの木製丸形カッティングボード

丸型カッティングボード
丸型カッティングボード YouTubeなどで流行のモーニングルーチンとの相性抜群

冬の女子旅にも、ティータイムトレイ

宿で使うハンガーなどのアメニティのおすすめ

最後に、スキー場併設のホテルや旅館、ペンションへのおすすめアイテムです。

杉のハンガー(地元の木でもつくれます。)

ドアノブプレート

ヒノキのマスクケース

間伐材でそれぞれの木製アイテムをつくることで、森の維持管理に必要な間伐の促進になり、結果として森を若く健康的で元気な状態に保つことができます。

これからインバウンドなどが解禁されてやってくるであろう海外のお客様は、ワクチン接種などが進んでいる欧米の方からになることが予測できます。

欧米では、エシカル消費とよばれる環境配慮や人権配慮がなされていることを気にされる方が多いです。なので、こういった間伐材でつかうことで森を守れるアイテムをアメニティとして使っていることはインバウンドでは有利な集客になると思われます。

まとめ

スキーやスノボのウィンタースポーツ、レジャー、観光のノベルティでした。SDGsや脱プラの時代に合わせてつかうアイテムを変えていくことで、SNS集客につながり、環境配慮や自然配慮のブランディング、CSRにもつなげられます。

是非、お気軽にお問い合わせください。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。

【ショールームのご案内】

フロンティアジャパンにて作成してきたノベルティアイテム、記念品はもちろん、最新商品や大型アイテムなど実績サンプルを多数展示してます。

木製品特有の年月とともに変わる風合い、味わい、木の種類による違いなどお手に触れて確かめられます。

なお、見学をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご予約いただけますと幸いです。

お問い合わせ】

TEL 0120-139-155
携帯(スマホ)の方
03-5669-0990
平日9:00〜18:00

お気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る