に投稿

おもしろい?ノベルティとは…?SDGsやESG、環境時代

なにか面白いノベルティを考えてよ。おもしろい販促の企画をプレゼンしてよ。と、ボス、いや上司からの指令がくだり……

あれやこれやと企画書を書き「おもしろいノベルティ」とは!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!!とゴールドエクスペリエンスな覚悟をもって前に進める。

そんな覚悟が、私は欲しいです。

はい、マンモーニなコラム担当なかの人です。

これまでも何度か書いてきています。このテーマ「おもしろい。ノベルティ」です。

おもしろい企業ノベルティをつくるには、

メロスは激怒した、おもしろいノベルティを考えてよ。という無茶振りに。

今回は、3回目のコラムとなります。

1回コラムを書いたからそれで終わらないのか?と言われると、まぁそれは、はい。と誤魔化して今日も元気に書いていきます。

とはいえ、おもしろいノベルティを考える3回目。もう流石にきついです。

ですが、大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っています。

というわけで性懲りもなく書いていきまっす。

目次

細部に神が宿る。

細部に神が宿る。”God is in the details” とは、インテリアデザイナー、建築家のミース・ファン・デル・ローエの言葉ですね。

かなり有名な言葉なので、一度は耳にされたことがある。という方も多いのではないでしょうか?

なかのひとは、大学時代にデザイン系建築学を学んでいたので、とっても思い入れのある言葉です。

ミースというと、ファンズワース邸やバルセロナパビリオンが有名です。

ちなみに、名作椅子として有名なバルセロナチェアは、バルセロナパビリオンのデザインに合わせてミースがデザインしたものです。

とはいえ、ノベルティという分野で、そんなあんなミースみたいなデザインをしていったら予算を圧迫しますし、なにより世界に名だたるデザイナーに依頼したらそれだけでもう…

Wood+の木製ノベルティで大きく予算をかけず、「お、面白い」となっていただくには産地指定がおすすめです。

例えば、ハイブランドな服を購入されたときに、発送先住所に合わせた木材を使います。茨城県なら「いばらきの木」で、東京都なら「多摩産」で、と各地の木材でノベルティをつくって配布します。

とはいえ、そんな各都道府県ごとなんて、どこの県からどれくらい注文があるかわからなくて、むずかしくない?という声も上がるかもしれません。

その場合は、ECサイトであれば過去の売上データを元におおよその分布がでるので、生産数がわかります。

もしくは、先着〇〇名様限定と数をあえてしぼってもおもしろいかもしれませんし、発送先と産地をあえて絞らずランダムにして昨今の遠出や旅行に抵抗感のあるご時世に、遠くとの繋がりを実感してもらうのも面白いかもしれません。

おすすめアイテム

スマホスタンドキーホルダー

薄くて軽いのでECサイトでの商品購入に付属したり、スーパーなど小売店への発送でも送料の跳ね返りがすくないのが嬉しいポイント。さらにデザインも自由自在です。

チューブ絞り

エコなチューブ絞りも木製ならおしゃれなデザインで展開できます。またノベルティとしても薄く軽いので送料負荷がすくないのも嬉しいポイントです。

シンプルなやつほど…

はい、ではまた、ミース大先生のありがたーいお言葉から引用させていただきます。

“Less is more” いやはや、細部に神は宿る。は聞いたことあるけど、こっちのことばよーわからん。となるかもしれません。

なんせ、直訳(Google翻訳)すると「すくないほうがいいですね。」と出てきてしまいます。

無駄を削ぎ落として、本質に迫ることが美しくない?というような感じで、日本的な発想でいえば「禅」や「侘び寂び」がこの思想に近いとされています。

そういえば。スティーブ・ジョブズも禅に傾倒して、シンプルを追求したデバイスとソフトウェア、インターフェイスが実現できた。と何かの本で読んだことがあります。

最近ですと、ミニマリストといって極限まで物を買わない。物を持たない。という人が増えてきています。

とかくノベルティというと、多くの人に配って認知してもらってなんぼという、広告の雨を降らせます。という志向になりがちです。

素材は安価に仕上げるためにプラスチックなどの石油系資源を用いていたり、複数の材料を組み合わせて作っていたりします。

それを極限まで、というか、単一の素材、木だけに絞り込めば、このLess is more的な志向になります。

おすすめアイテム

スマートフォンスタンド

すのこソープディッシュ

まとめ

はい、面白いノベルティを考える3回目のコラムでした。

きっとこりずにまたおもしろいノベルティのコラムを書くことになると思いますが、その際もぜひよろしくお願いします。

今回紹介していますノベルティアイテムは全てが間伐材を用いています。

間伐材は、使うことで日本の森をまもれる木のことで、つかうことが環境保全、生物多様性の保護につながります。

イメージはこんな感じ

ちなみに、このコラムの画像がなぜ、「白い猫」なのか。なにが「おもしろい」なのか、思いをはせていただけると……

はい、では今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

アリーデヴェルチ!

【ショールームのご案内】

フロンティアジャパンにて作成してきたノベルティアイテム、記念品はもちろん、最新商品や大型アイテムなど実績サンプルを多数展示してます。

木製品特有の年月とともに変わる風合い、味わい、木の種類による違いなどお手に触れて確かめられます。

なお、見学をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご予約いただけますと幸いです。

TEL 0120-139-155
携帯(スマホ)の方
03-5669-0990
平日9:00〜18:00

一覧へ戻る