に投稿

鍋のシーズンは結構早い!秋のグルメノベルティでふるさと納税やクラファンも脱プラ、SDGsやESGに

鍋と聞くと、10月とか11月くらいの秋の味覚と一緒に、食卓にあがる頻度が増える。と一般的に思われがちです。

ですが、実際は結構早い時期からその動きが見えてきます。

早くも始まっているスーパーの秋冬向け鍋商戦!食未来研究室より引用

8月のなかぐらいからスーパーの鍋つゆは消費動向がうごきはじめて、12月にピークを迎えます。

そういえば、たしかになんかまだ夏の暑い時期から鍋のCMって見たことがあったような…

今回は、そんな鍋のノベルティについて、鍋というと鳥の水炊きこそが至高と思い込んでいるスタッフNがお送りいたします。

目次

三角鍋敷で食卓をおしゃれに

鍋にするときは、好きなメインの食材にこだわり、鍋にもこだわり、取り分ける器にもこだわったりします。

でも、案外とこだわりきれないのが鍋敷です。

黒ずんでぼろぼろの鍋敷をいまでもつかっている(私の家のことです。うう…)という方が結構多いです。

そんな鍋敷はノベルティとして配布すると人気のアイテムです。

それがおしゃれならなおよし。もらってくれやすく、つかいつづけてくれます。

もちろん、鍋のとき以外にもケトルを置いたり、ティーポットを置いたりしたくなる。そんな鍋敷になっています。

ただ、個あたりの価格が少したかめなので、スーパーで販売される鍋つゆでは全員に配布のノベルティというよりは、抽選であたるプレミアムノベルティとしてプレゼント、景品としての運用がいいかもしれません。

一方で、ふるさと納税などで地方の名産のお鍋セットなどであればぜひ同封してほしいアイテムです。

地産材(〇〇県の木材)指定での制作も相談可能です。

クロス鍋敷はコンパクトに

クロスというと、十二宮編やポセイドン編という言葉や小宇宙が出てきてしまう私スタッフN

このクロスは、ウッドのクロスです。ちなみに、星座は牡羊座のムウです。

クロスで小さく畳めてスペースをとらない。でもしっかりとお鍋をキープできるクロス鍋敷です。

コンパクトに畳めるのでスペースを取らずに運用可能です。

高級通販、こだわり食材ECサイトの鍋、水炊きのおまけや、あたり、もしくはリピーター様への感謝アイテムとしての運用がおすすめです。

小さくできて・見た目以上に軽いので通販の送料に跳ね返りにくいのも嬉しいポイントです。

可変式の鍋敷も結構いい。

こちらのアイテムは鍋敷シリーズのなかでは最も安価です。

紐でくくられた三本の棒を広げてお鍋をおくだけ。

アウトドアシーンでも活躍して、ホーローのポットやケトルとの相性も良いアイテムです。

調理中に余熱で火を通す際にフライパンを一時置く場合にも便利。

地産材で、ふるさと納税はもちろんのことクラウドファンディングで地方創生イベントでの返礼品や

これからマスクなしで飲食系のイベントができるようになるのに合わせた配布型ノベルティとしてお勧めです。

まとめ

鍋の季節は確かに10月11月ですが、スーパーや食品店で鍋スープが動き始めるのは8月なかくらいからというデータをもとに鍋敷きのノベルティの運用を考えてみました。

ノベルティ販促は、販促時期を見越してはやめはやめ計画された方がよさそうです。

また、地産材の指定などがある場合は、材料が確保できるかどうか、乾燥などが販促の時期に間に合うかなど諸々確認することがあるのでまずはお問い合わせください。

では、こんな感じですが、今回のコラムを終えたいとおもいます。

ありがとうございました!

【ショールームのご案内】

フロンティアジャパンにて作成してきたノベルティアイテム、記念品はもちろん、最新商品や大型アイテムなど実績サンプルを多数展示してます。 

木製品特有の年月とともに変わる風合い、味わい、木の種類による違いなどお手に触れて確かめられます。

また、遠方でご来社が難しい場合はリモートでの見学もできます。見学をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご予約いただけますと幸いです。

お問い合わせ】

TEL 0120-139-155
携帯(スマホ)の方
03-5669-0990
平日9:00〜18:00

お気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る