に投稿

デザインしやすいイベント用の木製ノベルティグッズでSDGsを

もう3月に入ったというのに、雪…??

このコラムを書き始めた日は東京、朝から雪。さっむい…でも北海道は-16°でダイヤモンドダストも見られたとのことで、比べてはいけないとは思いますがやはり関東(私が特にだめなのかもしれない)は雪と寒さに弱いなと思い知らされました。

やっぱりこたつと一緒に出勤したい…

関東は一体いつになったら暖かくなってくれるのでしょうか…

もう少ししたらきっとお花見しやすい気温になって、なんだかんだしたらGWがやってきて…イベントも盛んな時季になるはず。
ということで今回はイベント用ノベルティにぴったりな木製グッズたちをご紹介していく回となります。

イベントと一言で言っても、景色を楽しむもの、食事を楽しむもの、お子様向けの体験型などなど幅広いタイプのものがあるかと思いますので様々なイベントで活躍してくれそうな木製ノベルティグッズを選定してみました。

いずれも日本国内の木材を使用している為、使えば使う程CO2削減や日本の森の環境を整えるお手伝いにも繫がり環境に優しいノベルティグッズと言えます。
木が二酸化炭素を吸収して酸素を…というのは皆さんご存じかと思いますが、この木が吸収した二酸化炭素は実は木を切っても外に排出されることもなく、木の中に留まったままになるのです。
なので木を切ったからといって二酸化炭素が排出されるどころか、ずっと木の中にとどめてくれるのですよ…!

また、高齢の木は伐採して若い木に植え替えてあげる必要があるのですが、これもCO2対策には大切でして…
木って実は高齢になればなる程二酸化炭素の吸収量が減少していってしまう一方で、若い木はしっかり吸収してくれます。
なので高齢の木を大量に放置していても残念ながら環境に良いとはいえないのです。

温暖化対策の一環としても高齢の木の伐採、若い木への植え替えをして伐採された高齢の木も弊社では加工してノベルティとして活用しています。この加工や配送も全て国内完結ですので、使う木材の産地も含め最後までメイドインジャパンでもあり、日本の林業を盛り上げることにも繋がりSDGsの目標達成にも貢献することができます。

こんな感じで…と解説したSDGsポイントはほんの一部ですが、日本の木を使う、つまりその木を使ったノベルティを使うことが環境に悪いどころか環境を守る為にも必要なことだということを何となくお分かりいただけましたら幸いです。

そんな日本の森を守る為にも大切な、日本の木を使ったSDGsになるイベント向けノベルティも是非候補に入れてあげてみてください…!

目次

様々なイベントに向けて、環境に配慮したSDGs対応のノベルティグッズ

オリジナルチャーム

https://eco-pro.ne.jp/product/jb287/

杉材を使った木のチャームで、規定サイズとなっている縦40mm × 横40mm× 幅5mm以内のサイズであれば、追加費用なしで形を自由にアレンジしてコストを抑えつつオリジナリティあるデザインで作りやすいノベルティグッズになっています。

焼印やレーザー彫刻で木の風合いを多めに残して活かして落ち着いた優しい雰囲気のデザインでも、シルク印刷で色のあるデザインにも対応可能です。

既存は杉材となっておりますが、ヒノキ材で製作することも可能で実際にヒノキ材+レーザー彫刻で製作させていただいた事例で株式会社秋葉牧場様のオリジナルチャームがございます。

形もアレンジしてダイカット仕様にして、レーザー彫刻にすることで優しい色合いだけどデザインもしっかり再現できているオリジナルデザインとなっております。
実際に子供向け過ぎず大人でも使いやすいとのお声もいただきました。

もちろんデザイン次第でお子様向けとしても製作できますので、子供向けにキャラクターデザインで作ったり大人でも使いやすいデザインでも。

子供向けイベントから大人向けのイベントの参加特典としても幅広く対応できるので様々なイベント向けノベルティとしてもおすすめです。

ヒノキに変更しても杉材で製作しても、いずれも日本を代表すると言っても過言ではないほど本数が多い樹種ということもあり、使うことで日本の森の管理に貢献できSDGsにも繋がる環境に配慮したチャームなのでSDGsやESG対策の一環としても活躍してくれるノベルティグッズです。

木はがき

https://eco-pro.ne.jp/product/jb281/

ヒノキの間伐材を通常のハガキと同じように薄く加工して、ハガキとしてお使いいただける本物の木のハガキで、環境に優しい自然派なハガキです。

フルカラー印刷で写真など色使いが繊細なデザインでもしっかり再現できるので、名所や絶景スポット等の写真を印刷してご当地イベント限定ノベルティグッズとして配布することで記念品にもなる素敵な思い出の一品としても!

木はがきではありますが、サイズを変更して商品券や地域の木材を使ったお食事券や旅行券等として製作することも可能です。
ふるさと納税の返礼品として製作するのもおすすめです。

木育イベントで使える金券にしたり、チケットとして作れば木材を活用することにも繋がり木に触れることで木育の一環としてもご活用いただけます。

木製ステッカー

https://eco-pro.ne.jp/product/jb358/

日本の杉材をそのままステッカーにした木のステッカーで、触れてみると木目のわずかな凸凹があり木の質感を感じることができます。
本物の木を使ったステッカーにしかない木のあたたかみや優しい色合いを残しつつ、フルカラー印刷でしっかりデザインは映えてくれます。

自由な形でカットして製作することが可能ですので、ロゴの形やキャラクターのダイカット仕様など、形にもこだわったオリジナルステッカーを製作したい、SDGs対策にも繋がるノベルティグッズにしたい方にはおすすめです。

親子で参加する環境イベントや、グルメ・フード関係のイベント用のノベルティとして食べ物モチーフのステッカーを作って配布するだけでもSDGsやCO2対策にもなり、もらった人も使うだけでSDGsの御手伝いができます。

食べ物チーフの雑貨は密かに人気があり、実際に食品サンプルを使った雑貨も人気ですよね。
敢えて木の色を活かしてちょっと焦げ気味な茶色い色合いで作って見たり…というのも2号の一推しアイデアです。

キッチンプレート

https://eco-pro.ne.jp/product/jb514/

1つで鍋敷き・コースター・箸置きの3役をこなしてくれる便利屋さんノベルティグッズで、日本の杉材を使用して作られています。

使わない時は3つ一緒にまとめておけて、使うときにサッと3つに分解してそれぞれお使いいただけて収納スペースも取らずに隙間等空いたスペースにさっとしまっておくことも可能です。

サンプル品はお花のような形ですが、動物の形やシンプルな丸い形など…形のアレンジも承っており印刷もカラーだけでなく、焼印やレーザー彫刻での印刷も可能です。

お料理教室の参加特典としてもぴったりで、食材をしっかり使うことでフードロス対策に繋がり、ノベルティグッズは日本の杉材を使っていることで森や人工林の適正管理やSDGsに繋がることの二つの環境問題への取り組みとしてエコなお料理教室にぴったりなノベルティグッズです。

まとめ

今回はイベントのノベルティとしておすすめなグッズ紹介の回でございました。

イベントのテーマが環境配慮や環境に関するものでなくても、日本の木を使った木製ノベルティグッズを活用することで日本の木を活用し、しっかりSDGsの7つの目標達成に繋げることができるのです。

森や人工林は人の手を入れてお手入れしてあげないと、木が生い茂りすぎて様々なマイナス要因をつくりだしてしまいます。

そうならないよう適切に管理、木を間伐をして間伐材も放置ではなくノベルティという形で活用することで、日本の木材を幅広い方に長く使っていただきやすくなるようにしたのが弊社のノベルティグッズたちです。

印刷するデザインや形のアレンジも加えてあげてイベントだけで配布することで、より限定感も感じられ販促力もプラスすることができます。
イベント名を印刷するだけでも限定品になりますし、ロゴやキャラクターを印刷すればSDGsにもなるキャラクターノベルティグッズとしてもご活用いただけます。

貰った方も無理なく気軽に使ったり飾ったりするだけでもSDGsに繋がる為、知らず知らずのうちにノベルティを通して環境問題解決への取り組みに参加していることにも!もちろん大人だけでなくお子様も、です!

そんな木のノベルティを通して、イベント参加者も巻き込んでSDGsを含めた様々な環境問題への取り組みを始めてみませんか?
ついでにESGやインバウンド対策としてもご活用いただけますので、デザインのご希望や納期の確認など…ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちらから。

これからGWが近くなってきて各地で様々なイベントが催されるかと思いますが、限定アイテムとかノベルティって特別感というかレア感があって思い出の品にもなるんですよね。

それが環境に良いものとなれば尚更印象UPにも繋がるはず…!

そんなノベルティ製作の御手伝いでお役に立てましたら幸いです。
という想いを最後に書き綴って今回は終わりたいと思います。

最後まで御覧いただだき、ありがとうございました。

【ショールームのご案内】

フロンティアジャパンにて作成してきたノベルティアイテム、記念品はもちろん、最新商品や大型アイテムなど実績サンプルを多数展示してます。

木製品特有の年月とともに変わる風合い、味わい、木の種類による違いなどお手に触れて確かめられます。

なお、見学をご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご予約いただけますと幸いです。

TEL 0120-98-2339
携帯(スマホ)の方
03-6772-2280

一覧へ戻る